処方薬から薬局で買える市販薬になった薬について


LINEで送る
Pocket

処方薬から薬局で買える市販薬に

以前は病院でしかもらえなかった薬が、今は薬局で買えるようになったことをご存じだろうか?

厚生労働省は、医師の処方箋が必要な処方薬から、薬局などで買える市販薬へ転用を進めようと新しい制度の導入を決めた。

これは、自分自身の健康のため、軽度な身体の不調には、身近な一般用医薬品を利用する「セルフメディケーション」という考え方を推進することとありますが、医療機関への受信を減らして、公的医療保険の支出を抑えることが狙いでもあります。

この医薬品をスイッチOTC医薬品と言います。

消費者も含めたすべての人から要望を募り、その処方薬が市販薬に適しているかを議論し、スイッチOTC医薬品として市販薬へ転用を決めます。スイッチOTC医薬品は、薬局で売られますが、薬剤師との対面販売が必要な「要指導医薬品」となる場合があります。

スイッチOTC医薬品は従来の市販薬よりも強い効き目

スイッチOTC医薬品は従来の市販薬よりも強い効き目の成分が配合されています。その成分は以下です。

効能 成分 作用
解熱鎮痛剤 イブプロフェン 鎮痛解熱作用
  イソプロピルアンチピリン 鎮痛解熱作用
鎮痛鎮痙剤 臭化ブチル/スコポラミン 腹痛に効果
  臭化チメピジウム 腹痛に効果
粘膜保護剤 塩酸セトラキサート 胃粘膜の保護
  ゲファルナート  
  スクラルファート  
  ソファルコン  
  テプレノン  
H2ブロッカー シメチジン/ファモチジン/塩酸ラニチジン 胃酸過多改善
去痰剤 塩酸ブロムヘキシン 去痰
  ヒベンズ酸チペピジン 去痰
抗ヒスタミン剤 メキタジン 鼻水などに効果
  フマル酸クレマスチン 鼻水などに効果
抗プラスミン剤 トラネキサム酸 抗炎症

以上は代表的なスイッチOTC医薬品の成分です。では実際の商品はどのようなものがあるのでしょうか?

スイッチOTC医薬品のリスト

多くの医薬品がスイッチOTC医薬品となっています。代表的なものを上げます。

販売名 医療用医薬品名 効能 原薬名 類別
ロキソニンS ロキソニン錠 解熱鎮痛薬 ロキソプロフェンナトリウム水和物 要指導
ロキソニンSパップ ロキソニンSパップ 解熱鎮痛薬  ロキソプロフェンナトリウム水和物 要指導
ナロンメディカル ブルフェン錠 解熱鎮痛薬 イブプロフェン 第2類医薬品
ボルタレンACゲル  ボルタレンゲル 外用消炎鎮痛剤 ジクロフェナクナトリウム 第2類医薬品
ガスター10 ガスター錠 H2ブロッカー ファモチジン 第1類医薬品
アルサメック錠  タガメット錠 H2ブロッカー シメチジン 第1類医薬品
アバロンZ ザンタック錠 H2ブロッカー ラニチジン塩酸塩 第1類医薬品
セルベール細粒 セルベックス細粒 胃腸薬 テプレノン 第2類医薬品
アレグラFX  アレグラ錠 抗アレルギー薬  フェキソフェナジン塩酸塩 第2類医薬品
アレジオン10 アレジオン錠 抗アレルギー薬 エピナスチン塩酸塩 第2類医薬品

過去に第一類医薬品であったとしても、改正薬事法に伴い、要指導医薬品となり、薬剤師のいない薬局では購入できなくなっていますので注意が必要です。

OTC医薬品の分類

分類 対応する専門家 インターネット・郵送での販売
要指導医薬品 薬剤師が販売 不可
一般医薬品 第1類医薬品 薬剤師が販売
第1類医薬品 薬剤師または登録販売者
第1類医薬品 薬剤師または登録販売者

インターネットで購入できる医薬品

第一類医薬品は薬剤師がいなければ購入できませんが、インターネットで購入可能です。

ガスター10の場合は第一類医薬品であり楽天で購入できます。知り合いがガスター10を薬局で買おうと思ったところ、薬剤師が昼食で不在とのことで購入できなかったそうです。

【第1類医薬品】ガスター10 12錠【メール便(送料込)】 ※要メール返信 当店薬剤師からのメールをご確認ください

薬剤師からのメール返信で購入可能です。

LINEで送る
Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です