アトピー性皮膚炎

保湿クリーム・保湿ローションの比較


LINEで送る
Pocket

かゆみ止めのある保湿クリームの比較

かゆみ止めのある保湿クリームの売れ筋商品を調べ、実際に使った感触と成分を比べてみました。

傷や発赤がひどい場合は、医院に受診しましょう。また、健康な皮膚には感じないクリームの成分によるしみる痛みなどありますので、痛みを感じたり、発赤がひどくなった場合は、クリームを中止しましょう。私も使ってみて「痛み」を感じ中止したクリームがあります。

温まると痒い理由

皮膚の真皮のアーテミンという物質が「温まると痒い」現象を引き起こすとのことです。(参考 大阪大学医学系研究科)アーテミンは健康な肌には見られず、アトピー性皮膚炎などの症状のある皮膚に見られる物質です。

クロタミトンの効果

クロタミトンの作用機序は不明ですが、温感神経に働きかゆみを消失させると言われています。

リドカインの効果

リドカインは世界でもっとも利用されている局所麻酔剤であり、この局所麻酔の効果によりかゆみを抑える働きがあります。

ジフェンヒドラミンの効果

ジフェンヒドラミンはH1受容体拮抗薬で、第一世代抗ヒスタミン薬です。アレルギー物質により肥満細胞からヒスタミンが放出され、かゆみを感じます。そのヒスタミンの抑える効果のある薬が抗ヒスタミン薬です。

パンテノール(プロビタミンB5)の効果

パンテノール(プロビタミンB5)は水溶性ビタミンで、抗炎症作用の他に、肌そのものの修復力を高め、回復を早める効果、保湿や皮膚を滑らかにする効果があります。(参考 ムヒソフト)

ヘパリン類似物質

血行を促進し、保湿作用があります。血行促進の効果があるため、潰瘍やびらんのある部分への塗布は避けた方が良いと思います。

傷やかゆみのある皮膚の乾燥に使いたいクリーム

メンソレータムADクリーム

ロート製薬の製品、第2類医薬品で非ステロイドです。

3つの有効成分、クロタミトン・リドカイン・ジフェンヒドラミンがかゆみを鎮めます。この3つの有効成分の作用機序がそれぞれ違うので、あらゆるかゆみに対応できるように作られています。また、ビタミンEの浸透力を高めるビタミンE誘導体も配合されています。ビタミンEは血行を促進する働きがあります。

メンソレータムADクリームには尿素が配合されています。尿素は角質を柔らかくする働きがあるので、炎症が強い皮膚にはしみる場合があります。

使用感

使用感は、傷がある場合もそれほどしみる感じはなく、テクスチャーはやや硬めです。(ムヒソフトとの比較)

ヘパソフトプラス

ロート製薬の製品、第2類医薬品で非ステロイド、尿素無配合です。

作用機序が違う2つのかゆみ止め、クロタミトンとジフェンヒドラミンを配合しています。ヘパリン類似物質の作用により血行を促し、掻き跡を修復し、保湿します。またパンテノールの働きにより、抗炎症作用と組織修復促進作用、保湿作用があります。

ヘパリンは血行を促すので、出血などの傷がある場合は注意して使用した方が良いと思います。ヘパリン類似物質であるヒルドイドソフト軟膏は、保湿剤として医院で出されることもあり、この軟膏が好きな方も多いと思います。

使用感

しみる感じは少なく、テクスチャーはやや硬めです。(ムヒソフトとの比較)

ムヒソフトGX

池田模範堂の製品、第3類医薬品で非ステロイド、尿素無配合です。

パンテノールの作用により、肌本来の修復力を高め、肌のバリア機能を回復していきます。また、グリチルレチン酸により炎症を抑え、ビタミンE誘導体により血行を促進します。抗ヒスタミン剤ジフェンヒドラミンが配合されており、かゆみを抑えます。

グリセリン、水素添加レシチン(水添大豆リン脂質)、フルーツ酸(乳酸Na)により肌の保湿効果が望めます。

使用感

しみる感は少なく、テクスチャーは一番やわらかいと感じました。かゆみがある部位に一番伸ばしやすいです。

ユースキンI

ユースキン製薬株式会社の製品、第3類医薬品で非ステロイド、尿素無配合です。

この商品はAmazonでも人気商品です。クロタミトンとジフェンヒドラミン、2つの作用機序でかゆみを止め、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールと抗炎症作用のあるグリチルレチン酸が配合されています。またビタミンE誘導体により、血行を促進します。

使用感

Amazonや@cosmeでも人気上位の商品です。独特の香りがあります。

かゆみ止めのある保湿クリームの成分の比較

かゆみ止めの効果のある保湿クリームを比べてみました。薬局やAmazonでの売れ筋商品です。

有効とされている成分

有効とされている成分の違いはかゆみ止め成分とヘパリン類似物質の有無、尿素配合の有無です。第2類医薬品か第3類医薬品かの差は、有効成分のリドカイン(局所麻酔剤)とヘパリン類似物質の含有によるものだと思います。かゆみが強い場合はリドカイン配合のものが良いと思います。ヘパリン類似物質配合を使用する場合は皮膚の症状に注意が必要です。

 

商品 メンソレータムADクリーム へパプラス ムヒソフトGX ユースキンI
分類 第2類医薬品 第2類医薬品 第3類医薬品 第3類医薬品
ステロイド含有 非ステロイド 非ステロイド 非ステロイド 非ステロイド
 尿素 尿素配合  尿素無配合 尿素無配合 尿素無配合
(かゆみ止め成分) 1g中   100g中 1g中
クロタミトン 50mg(5%) 5%  - 20mg(2%)
ジフェンヒドラミン 10mg(1%) 1% 2g(2%) 10mg(1%)
リドカイン 20mg(2%)
(ビタミンE誘導体) 1g中    100g中 1g中 
トコフェロール酢酸エステル 5mg(0.5%) 0.5g(0.5%) 5mg(0.5%)
(抗炎症作用)     100g中 1g中
グリチルレチン酸 0.2g(0.2%) 10mg(1%)
パンテノール 1% 1g(1%)
(殺菌作用)       1g中 
イソプロピルメチルフェノール 5mg(0.5%)
(保湿成分)        
ヘパリン類似物質 0.3%  -  
グリセリン        

その他の成分

その他の成分はほぼ同じです。

  メンソレータムADクリーム ヘパソフトプラス ムヒソフトGX ユースキンI
尿素 〇湿潤剤
グリセリン
トリイソオクタン酸グリセリン 〇潤滑剤
流動パラフィン 〇潤滑剤
ワセリン 〇保護剤
オリブ油
1,3-ブチレングリコール 〇保湿剤
乳酸Na 〇保湿/湿潤剤  〇
N–N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド 〇保湿  -
水添大豆リン脂質 〇保湿
パルミチン酸イソプロピル 〇エモリエント剤  -
ステアリン酸グリセリン 〇エモリエント剤  -
ミリスチン酸イソプロピル 〇エモリエント剤
ジメチルポリシロキサン 〇油剤
パルミチン酸セチル 〇閉塞剤
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 〇乳化剤
セトマクロゴール 〇乳化剤  
コレステロール 〇乳化安定剤  
セタノール 〇乳化剤
ポリオキシエチレンセチルエーテル 〇乳化剤
ショ糖脂肪酸エステル 〇乳化剤
ステアリン酸 〇乳化剤
ステアリン酸ソルビタン 〇乳化剤
セスキオレイン酸ソルビタン 〇乳化剤
セトステアリルアルコール 〇乳化安定剤
ステアリルアルコール 〇乳化安定剤
ベヘニルアルコール 〇乳化安定剤
キサンタンガム 〇乳化安定剤
カルボキシビニルポリマー 〇増粘剤
塩化Mg 〇親水性増粘剤
トリエタノールアミン 〇pH調整剤/乳化剤
ジイソプロパノールアミン 〇pH調整剤
pH調整剤 ― 
エデト酸Na 〇保存料
パラベン 〇防腐剤
l-メントール 〇鎮痒作用  
ニコチン酸アミド たんぱく質合成促進

※エモリエント剤
肌の成分が蒸発しないようガードし、皮膚を柔らかく保つ

※閉塞剤
皮膚の水を逃がさないようにする皮膚保護剤と称する

肌を保護するおすすめローションやクリーム

かゆみ止めの成分はないが、肌の保湿を高める人気のローションやクリームです。

薬用ユースキンSローション

ユースキン製薬株式会社の製品、医薬部外品です。

無香料・無着色・低刺激性のローションで、赤ちゃんにも使えます。ユースキンIとともに人気のローションです。消炎成分グリチルレチン酸ステアリル、血行促進成分の酢酸トコフェロールが配合されています。

有効成分

グリチルレチン酸ステアリル:皮膚コンディショニング剤
酢酸トコフェロール:酸化防止剤、皮膚コンディショニング剤

うるおい成分

シソエキス(2):皮膚コンディショニング剤として利用
油溶性カモミラエキス:抗炎症作用、メラニン抑制作用 など
ホホバ油:皮膚保護剤、エモリエント剤
濃グリセリン

その他成分:トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、イソノナン酸イソノニル、バチルアルコール、イソステアリルグリセリルエーテル、ベヘニルアルコール、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、メチルポリシロキサン、d-δ-トコフェロール、L-アルギニン、水素添加大豆リン脂質、、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル 、1,3-ブチレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビット、パラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、精製水

パックスベビーボディークリーム

Amazonでベストセラーの商品で多くの人に長く愛されているボディークリームです。

太陽油脂(株)製品で日本製です。合成界面活性剤・合成防腐剤等の化学物質を使用せず、無香料で無着色です。赤ちゃんの皮脂にも含まれるパルミトイルオレイン酸を多く含むマカデミアナッツ油を配合したベビークリームです。

有効成分

マカデミアナッツ油:閉塞剤(皮膚保護)

成分:水、グリセリン、ホホバ種子油、カリ石ケン素地、マカデミアナッツ油、ステアリン酸、パルミチン酸、ベヘン酸、スクワラン、ハイブリッドヒマワリ油、トレハロース、ローズマリー葉エキス、ベヘニルアルコール、トコフェロール、ヒノキチオール、エタノール

アトピタミルキーローション

Amazonでベストセラー商品のローションです。丹平製薬株式会社の商品で、無香料、無着色、ノンアルコール、パラベンフリーです。天然成分ヨモギエキスとうるおい補給成分ラノリン脂肪酸コレステリル配合で、尿素も配合されています。

有効成分

ヨモギエキス(天然成分):皮膚コンディショニング剤
ラノリン脂肪酸コレステリル:皮膚コンディショニング剤

成分:水、BG、グリセリン、尿素、ソルビトール、スクワラン、ジメチコン、ベヘニルアルコール、ペンチレングリコール、ラノリン脂肪酸コレステリル、ヨモギエキス、グリチルリチン酸2カリウム、アラントイン、ホホバ油、イソノナン酸イソノニル、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸PEG-10、ステアリン酸PEG-40、セスキオレイン酸ソルビタン、キサンタンガム、カルボマー、水酸化カリウム、フェノキシエタノール、カプリリルグリコール

Neutrogena(ニュートロジーナ)ノルウェーフォーミュラ ボディエマルジョン

ニュートロジーナ® ノルウェーフォーミュラは、ノルウェーの漁師の手の美しさからヒントを得て、商品開発、1972年より世界中で愛されているアメリカの商品です。ボディエマルジョンは韓国製です。無香料で、純度99%の高濃度グリセリンで作られ、アラントイン、パンテノールが配合されています。

有効成分グリセリンについて

グリセリンはワセリンやミネラルオイルと比べ分子が小さいので、角質細胞の隙間に浸透し、肌の角層の奥深くまで保湿できる成分です。

使用感

テクスチャーはやわらかく、伸びが良く、しっとりします。

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー

アメリカ「ユニリーバ」の製品で、無香料、無着色、防腐剤無添加。ワセリン原材料100%の天然保湿スキンオイルで作られています。世界90ヵ国で使われ、最近はくちびる用のヴァセリンも良く目にします。

有効成分ワセリンについて

ワセリン(ヴァセリン)は、肌の表面をコーティングし、肌内部の水分を閉じ込め、肌を保護する保湿オイルです。また、ワセリンは医薬品の原材料、皮膚科の薬の調合でも使われる成分です。市販のワセリンを代表する商品はvaseline(ヴァセリン)です。

使用感

伸びの良さは感じません。べとつくので、広範囲に塗るのには向かないと思います。

LINEで送る
Pocket

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です